今回の地震で自分も再復帰を考えていますが。『JM7RTIラジオ家電館』でも防災関連のラジオなども紹介していました。


今回の地震の被害から一週間。自分もまだ福島市で被災して余震の恐怖も感じていますがコンテンツの復帰に関しては安堵しています。

『JM7RTIラジオ家電館』ですが前に防災用のラジオや無線機の記事も若干、つけていたのは正解でした。

 自分も今回、地震に遭遇すると被害の甚大さを理解していまして再びアマチュア無線のトランシーバーも再購入して非常通信もスタートしようか?とも考えています。

今、現在、福島県も宮城県も地震の後遺症もひどい状況で灯油の不足とガソリンの不足の問題も深刻化しています。夏場には計画停電もありますのでその辺で福島市が電力制限に値するかは分かりませんがまだ予断を許さない状況ではあります。

今回、自分の雑感としては一番、震災時に頼りになるメディアは発電機が付属したラジオでした。その辺でラジオから情報を得ることで自分も命拾いした気持ちもありまして1995年の阪神淡路大震災と同様の教訓を身をもって体験しました。

今後、義援金に関しても自分なりにできる限りの配慮を考えていますが、まだ、福島市のガソリン不足などの諸般の問題が解決するまで時間がかかるのは必須なのでご理解願えればとも感じています。

重ね重ね今後も『JM7RTIラジオ家電館』のコンテンツをよろしくお願いします。

防災ラジオならば楽天市場が便利。発電式で非常用にも対応できます。非常食や救急の常備薬と同時に購入したい。

カテゴリー: 編集後記(雑記)   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。

→ HF-ACARSやVHF-ACARSなどのエアーバンド受信機の販売サイトはこちら

この記事を読んでいる人は次の記事も読んでいます

    None Found