メインブログでKG-HFDLの受信を再開しようか?とは考えていますが。仙台空港の地震の被害は甚大だった。


 メインブログでKG-HFDLやKG-AISの受信関係の画像をアップデートしていたが、現時点では再開を見合わせています。

 理由なのですがどうも地震の影響もあって今は義援金やその辺の記事を書いた方がいいので受信の再開は後回しにしたいというのが理由でもあります。

 KG-AISの新しいバージョンが完成していましたが、福島県や宮城県の太平洋側の地震の影響で船舶の航行や漁業もまだ再開が難しそうなので受信関連は一端、停止して保守メンテナンス状態です。

 Wxtoimgの気象衛星も現時点では運営を見合わせています。アンテナは無事でしたが。

 今後の課題なのですがKG-HFDLやKG-VDLの方の画像データを『郷愁通信』から『JM7RTIラジオ家電館』で公開しようか?とも考えていましてプランを考えています。

 現時点ではKG-HFDLは受信も可能ですがKG-VDLやKG-AISは仙台空港が壊滅的な打撃を受けていますので難しいようなのでまだ、先のことになるかもしれません。

 仙台空港はJR館腰駅から移動して国際線も韓国のソウル便もあったのですが、現時点では難しい感じらしいのは確かです。

 仙台空港が復興まで時間がかかるのはやもう得ないことなのですが、自分も航空無線の受信に関する記事も書いていましたので義援金も考えないといけないとは感じています。

 自分の住んでいる福島市も慢性的なガソリン不足と食料の不足の問題もありますが、この辺も復旧の途上にありますので。

 その辺でコンテンツの構成をどうしようか?と現在、構想中でもあります。

運営者がKG-HFDLの受信に活用しているICOMのIC-R8500が楽天市場で好評販売中です。

カテゴリー: 編集後記(雑記)   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。

→ HF-ACARSやVHF-ACARSなどのエアーバンド受信機の販売サイトはこちら

この記事を読んでいる人は次の記事も読んでいます